トップ.gif

トップページバナー.gif

平成28年度 会長 沼口茂生から皆様へご挨拶

喜怒哀楽.jpg

平成27年度 会長 佐藤百年から皆様へご挨拶

 平成27年度 十和田商工会議所青年部の会長を務めます、佐藤百年(さとう ももとし)と申します。1年間、よろしくお願いいたします。

 本年度は昨年同様、3委員会での活動となります。中でも、昨年より調査してまいりました「十和田湖マラソン実現可能性調査」も2年目となり、いよいよ形が見えて来る重要な年となりました。今までは委員会の事業として活動してまいりましたが、今年は全体で盛り上げてなんとか実現に向けて活動してまいりたいと計画しております。会員のみならず、地域全体での協力が必要であると思いますのでよろしくお願いいたします。

 もう一つ考えているのは「会員交流」です。十和田では、全体で集まる機会が少なく、会員同士でもどういった職業の人なのか知らないということも少なくありません。せっかく入会しているのにそれではもったいないと思い、堅苦しくなく、気軽に集まることのできる企画を計画してまいります。是非積極的に参加していただき、交流を深めていただきたいと思います。

 結びに、今年のキーワードとして「繋ぐ」を掲げ、伝統、思い等を繋げてまいりたいと思います。ご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

--------------------------------------------------------------------


平成26年度 会長 佐々木毅彦から皆様へご挨拶

春陽の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

   平成26年度 十和田商工会議所青年部(十和田YEG)会長に就任いたしました佐々木毅彦(ささき たけひこ)と申します。

  金沢直前会長におかれましては3年の任期お疲れ様でした。その強い金沢カラーからの引き継ぎはとても重圧を感じておりますが、まねは到底出来ませんので、できることから「こつこつ」とやっていきたいと考えておりますので、志し高き皆様のご協力、ご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

  本年は、委員会組織を総務・観光・研修の3つにし、活動をしていこうと思います。そして、出来るだけ会員の交流や接点を増やせる委員会活動をして欲しいと思います。(せっかく入会したのだから)

  また、本年は予てから考えておりました、十和田湖観光事業として 「十和田湖マラソン」の企画が出来ないかを探るといった活動もお願いしてありますので、こうご期待!です。そして、何より 本年は十和田バラ焼きゼミナールのB-1グランプリの「ゴールドグランプリ」獲得実現のため、支援していきたいと考えております。(全国大会を十和田市での実現のために)

  また、県連「ふるさと交流委員会」に若い二人竹達大輔さん、国分聡さんに出向していただきます。ご苦労かけますが自己研鑽のため、がんばっていただきたいと思います。

『めざせ!会員80名!』

   あっという間の一年でございます。みなさま、よろしくお願いいたします。 

  遠慮せずに、一歩前へ。

 

--------------------------------------------------------------------


平成25年度 会長 金沢守昭から皆様へご挨拶

平成25年十和田商工会議所青年部(十和田YEG)会長に就任いたしました3年目の金沢守昭です。

今年で50歳、青年部では最終年となり満身創痍の身ではありますが、誠心誠意務めて参ります。何卒ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

十和田YEG会長任期は昨年までは2年間でしたが、今年度より1年と致しました。

その初年度に会長を務めると言うことはこれからの十和田YEGの流れを作る第一歩であり、非常に重い責任を感じております。

また、本年青森県商工会議所青年部連合会(青森県連YEG)会長も仰せつかり、専務理事は佐藤百年さん、理事として平野公彦さん(十和田YEG副会長)、佐々木毅彦さん(十和田YEG副会長)、小川秀樹さん(十和田YEG副会長)、成田一郎さん(十和田YEG副会長)、沼口茂生さん(十和田YEG専務理事)、竹ヶ原拓美さん(日本YEG理事)と多数のメンバーにも出向をお願いしております。青森県連スタッフと力を合わせH25年青森県連を盛り上げてゆきます。

さて、十和田YEGH25年度の主な事業は各委員会によります

例会・ToWaCoN開催・バラ焼き店主会支援・青森県連県大会(10月開催予定) ・ 北海道、東北B-1グランプリin十和田(9月開催)の支援等々目白押しです。

また、日本YEG事業といたしまして、復興イベント(北上市8月開催)を皮切りに県内で後2事業開催予定です。YEGに入会してから約10年ここまでの事業が展開されることは初めての経験であり、全てに自分が関わっていかなければいけないことに重圧を感じております。

が、またチャンスと捉えております。単会・県連スタッフと協力し合いながら進めて参ります。総会でも皆様にお伝えしましたが、皆様もチャンスの年です。少しのお金と少しの時間があれば今までに経験できなかったステ―ジに上がれるかもしれません。

人脈を広げ自己研鑽向上の良い機会になるとお約束します。私どももYEG情報は逐一AT(エンジェル・タッチ)を通して皆様に確実にお伝えいたします。

何卒ご利用下さるよう切にお願いいたします。

今年1年私が倒れないよう祈念し、また皆様のご精進を願っております。

共に高みへ・・・。

--------------------------------------------------------------------



平成24年度 会長 金沢守昭から皆様へご挨拶

4月17日通常総会に石川会頭・滝内OB会長はじめOB諸兄、ご多用にも関わらずご出席賜り誠にありがとうございました。

お蔭様をもちまして平成23年度事業報告並び収支決算、平成24年度事業計画並び収支予算(案)が無事可決いたしました。

これも一重にメンバ-各位のご協力とこれを支えていただきました会議所並びOBの皆様のお陰と衷心より御礼申し上げます。

引き続きご支援ご鞭撻を切にお願い申し上げます。

本年度は昨年同様の事業展開を予定しております。各委員会は昨年度の経験を踏まえ有意義な事業の企画・運営に期待しております。

5月12日十和田初の街コン『ToWa CoN』が開催いたしました。昨年12月に急遽開催を企画し、3月理事会にて承認を取り付け募集期間1ヶ月と短いスパンの中での開催は非常に厳しいものがあると推測されましたが、三浦実行委員長・成田総括幹事の尽力により第1回としては大成功だったと思います。

ご協力いただきました実行委員会メンバーはじめ会員・受入れ店主の皆様には感謝申し上げます。

秋に第2回を開催予定ですが、今回の内容を精査しバ-ジョンアップされた『ToWaCoN』をお見せしましょう。

5月22日バラゼミ総会に出席しました。本年度のテ-マは「街づくり=人づくり」とし市内小中学校を対象としたバラゼミ講座や三本木農業高校・十和田西高校の生徒さんと第7回B-1グランプリin北九州に出場できるよう画策中です。

また11月には十和田の地においてドでかい事業を開催予定と聞いております。まだまだ進化を遂げているバラゼミを十和田YEGとしても協力を惜しむものでは無いと思っております。

今後も店主会総会・「月がとっても青いから」カラオケ全国大会・県連YEG総会・県連会議・県連大会(むつ)・東北大会(横手)・会長会議(津)・全国大会(沖縄)等々YEG関連事業が目白押しですが、精力的に参加してまいります。

今年度1年間も引き続きよろしくお願い致します。

--------------------------------------------------------------------