十和田商工会議所ニュース

『Frontier』 2003年5月号(市民版)

印刷用のPDF ファイル(663KB)を用意しました。pdficonsmall.gif (153 バイト)こちらからダウンロードできます。

PDF (Adobe Portable Document Format)ファイルpdficon.gif (1019 バイト)は、Adobe Acrobat または Acrobat Reader が必要です。ご使用のコンピュータでご覧になれない場合は ここgetacro.gif (492 バイト)にAcrobat Reader(無料)が有ります。容量が大きい(6〜7MB)のでパソコン関係の雑誌付録CD等のご利用もおすすめします。

企画調整型TMOの組織化

官民協働による事業の具体化  TMO計画策定調査事業を報告 

 14年度当所では、13年度に引き続き商業タウンマネージメント計画策定調査事業を実施しました。TMO構想策定協議会(以下・協議会、平成15年3月31日で解散)を立上げ、TMO構想の早期策定を目指し、同構想構築のための基本的事項に関する合意形成や調査研究を実施しました。同調査事業終了に伴い、このほど公表された報告書は、基本的な構想コンセプトを頭に、各地区の活性化の方向性と事業展開、活性化手法とTMO組織化の方針などを内容としています。そして、さらには活性化事業モデルの検討・シミュレーションや、大型核店舗の誘致関係などについても触れています。 

 当市の中心市街地活性化基本計画に掲げる街づくり目標や方向性、並びに13年度の調査事業をふまえ、14年度は計8回にわたる協議会や必要に応じて委員会等を開催し、調査事業を実施しました。そして同構想の早期策定に向け、骨格となるコンセプトについて次のとおり整理しました。 

中心市街地活性化の基本コンセプト

 東西方向への事業展開の強化による面的な商住空間・回遊空間の形成。

地区整備の方向性コンセプト(中央商業ゾーン)

 南地区・・・商住複合空間の形成。中地区・・・回遊型商業等集積の強化再建。北地区・・・集客力の強い大型核店舗誘致可能性の追求と中地区の回遊型商業等集積の強化再建との連動。

組織運営コンセプト

 地区住民、商業者等の幅広い市民・関係者の「協働(パートナーシップ)」による事業の具体化。そして事業主体としてのCD(地域開発法人)組織化と事業化を強力に支援する企画調整型TMOの組織化。 

 さらに組織化の方針では、活性化の個別事業の収支と組織財政を分離し、事業立案段階における総合的な検討や利害関係者の具体的なコンセンサス形成を役割とする、商工会議所を母体とした企画調整型TMOの設立が適切であるとしています。また、活性化個別事業主体としてのCDC組織化は、官民協働、市民協働のもとに、能動的かつ地域経営体としてのディレクター機能を併せ持つ組織化が肝要としています。

 これらを基本に、15年度はTMO構想策定に向け(市からの)認定を受けなければなりません。今回紙面で掲載できたのはもちろん概略です。実際の報告書や構想骨格原案の内容はより多岐にわたります。はたしてこの内容で認定は可能かどうか、市側との詰めが今急がれるところです。 

大型核店舗の誘致によるまちづくり活性化方途は継続検討 

 条件次第での誘致交渉に、多くの地権者が同意した7・8丁目のイオン街なか出店候補地。北地区で採用した地区整備のコンセプトの項目に「大型核店舗の誘致」を取り入れるきっかけとなりました。実現の可能性を探るには、「街なか再生型」の土地区画整理事業が想定されます。また、イオンからの街なか出店の申し入れに対しては、地権者の意向調査の内容をもって4月11日に文書で回答しました。今のところ返答はありませんが、大型核店舗の誘致によるまちづくり活性化の方途は、今後も継続検討事項となっています。既存物件を利用したリフォーム型整備事業や各街区ミニ再開発整備の可能性も並行して検討していかなければなりません。 

各地区における活性化事業の展開

<北地区>

民…@大型核店舗誘致事業。A「街づくり協定」締結事業。協…@生活密着型公益施設及び空間の整備事業。A複合的土地・建物利用事業。

<中地区>

民…@ CDC設立事業。Aアーケード・車道、準遊休地の利用事業。B来街客・付近住民向け公益サービスの提供事業。

協…@空き店舗・大規模空き店舗活用事業。駐車場システム事業及び公衆トイレの整備事業。Bパティオ・パサージュ等整備事業。

<南地区>

民…@保育所・集会所兼休憩所経営事業。A集合店舗整備事業。

協…@南北仲通り新設事業。A高齢者用集合住宅建設・経営事業。

行…@公園・共同駐車場・歩道空間整備事業。

<駅前商業ゾーン>

民…@街なか循環バス運行事業。

協…@ターミナル機能の整備事業。A駐車駐輪施設等の整備事業。

行…@歩道空間の整備事業。

<官庁街通りゾーン>

民…@街なか循環バス運行事業。

協…@環境保全機能の強化、地域環境運動の推進事業。

行…@公共公益施設の集約とネットワーク化事業。

<中心市街地全域(適地)>

民…@街なか生活空間快適化事業。

協…@街なか居住の推進事業。A街なか交通の強化・ユニバーサル化事業A 市街地景観形成・建物更新の促進事業。

行…@公共・公益施設の集約とネットワーク化事業。 

※民(民間主導事業)、協(官民協働事業)、行(行政事業)


 中央商店街 「もてなしの街」  商店街を一斉清掃

  中央商店街では、4月から11月にかけて毎月2回(第2・4の水曜日)、同商店街の一斉清掃を実施しています。

 この活動は中央商店街振興組合が事業の一環として、5年ほど前から実施しているものです。この日(5月12日)は、午前中約1時間にわたり、中央商店街のメンバーがカマやデレキ、ほうきなどを持ちよって、アーケード下の花壇や歩道の割れ目から生えている雑草を刈ったり、歩道に落ちているゴミを拾ったりと、額に汗して頑張っていました。

 同振興組合の専務理事、小笠原秀男さんは、「当商店街を訪れたお客さまが気持ちよく商店街を回遊できるように、日々歩道の清掃や無料休憩所、来街者用の無料駐車場の整備・管理に努めています。また、売り出しやイベント事業(十五市、アーケード祭り等)を通じて多くの人とコミュニティの和が広がってくれればと考えます。これからも、『もてなしの街』としてリピーターを増やし、お客さまに喜ばれる商店街にしていきたいと思います。商店街全体にこのような活動が広がってくれれば理想的ですね・・・」と話していました。 

街区の清掃に汗を流す中央商店街の皆さん


 経営安定セミナー

「事業再生や転落回避と破綻の分岐点」をテーマにセミナーを開催します。

日 時 平成15年7月11日(金) 13:30〜15:30

場 所 十和田商工会館 4階会議室

受講料 会員無料(非会員 500円)

講 師 竹川敏雄氏(潟^ケカワ経営事務所 代表取締役)

問合せ 十和田商工会議所中小企業相談所  電話24−1111


安全宣言  ミスとわだ

 5月9日、春の全国交通安全運動を前に、十和田市民文化センター前広場において、十和田地区交通安全総決起大会が開催されました。同大会では、ミスとわだの佐々木舞さん(十和田第一病院勤務・左)と里村めぐみさん(興和ティムス葛ホ務・右)が、約200名の参加者を代表して大会宣言を読みあげ、交通事故抑止を誓い合いました。


 とわだYosakoi夢まつり ボランティアスタッフ募集 

●日 時 平成15年7月13日(日)9時30分開会式

●場 所 十和田市官庁街通り(桜の広場前)

●問合せ 十和田商工会議所 電話 24-1111

 7月13日(日)フリーマーケット同時開催

出店者募集(6/20〜受付)   

詳しくは当所 24-1111 青年部まで


 十和田市春まつり太素祭  5年に一度の太素行列 

  十和田市春まつり太素祭が5月3日から5日までの3日間、盛大に開催されました。

 今年は5年に一度の太素行列の開催年。太素行列は、1860年(万延元年)、三十代南部藩士利剛(としひさ)公が三本木(現在の十和田市)へ訪れた際の模様を再現したものです。

 5月3日午後2時、一行67名が、市内目抜通りを出発。太素塚でお参りした後、さらに商工会館までの道のりを練り歩きました。先頭には北園小学校の吹奏楽部が、最後尾には北里大学三源色(北里大学生)や村の木部落(村木内科)が、そして途中産馬通りでは、中央町内会が9月に向け、秋まつりの山車基準を満たした太鼓車をお披露目するなど、一般市民も行列を盛り上げました。江戸時代にタイムスリップしたような風景に、拍手を送る沿道の見物客からは、「5年に一度と言わず、毎年やってほしい」と話す声も聞かれました。 

やっこを務める三本木高校の生徒たち

ウォークに参加230名

 

 一方、同日開催の、今年で3年目になる太素ウォーク2003には、県内各地から230名が参加しました。今回から新たに、東北農政局相坂川左岸水利事業所や青森県(水土里ネット青森・水土里ネット稲生川)の共催を得た同ウォーク。太素塚境内で出発式を終え、一行は快晴の中、8時30分にスタートしました。コースは十和田市開拓ゆかりのコース(約32キロ)とファミリーコース(約16・5キロ)。途中各スポットを自分の目で確かめ、開拓のいにしえを偲び、参加者たちはゴールを目指しました。

 ゴールの太素塚に無事たどり着いた参加者たちは、それぞれ、証としての「完歩証」と記念品、そして流した汗を胸に、日頃味わえない達成感と充実感に浸っていました。 

 


 多くの会員大きな力 あなたも商工会議所の会員になりませんか

 商工会議所では、各種の陳情・要望活動、会員交流、経営相談(金融・税務・労務等)、人材育成(検定・講習会等)、福利厚生(労働保険・共済等)、街づくり、地域振興等、その他関連事業として観光事業からインターネットプロバイダー代理店まで、皆様のお役に立つ事業を展開しています。

 十和田市内で6ケ月以上継続して事業を営む商工業者の方ならどなたでも入会できます。

 あなたのご入会をお待ちしております。

入会のお申込み・お問い合わせは

十和田商工会議所総務課 TEL24−1111まで

URL http://www.towada.or.jp

E‐mail towada@towada.or.jp


 県弁護士会法律相談

毎週木曜日 当所2階で開催   午後1時30分〜4時

青森県弁護士会十和田法律相談センター(当所2階)

相談申し込み先(要電話予約)   TEL017-777-7285 青森県弁護士会


 飲食業等の生活衛生業地区相談室のご案内

売上の伸び悩み、資金繰り、建替えや改装・増設、新規開業、税務等々に指導員・専門家が対応。

十和田地区

開催日:15年7月28日・10月20日・12月8日、

時 間:午後1時〜3時

場 所:十和田富士屋ホテル

問合せ:(財)青森県生活衛生営業指導センター  電話 017(722)7002


 入札のための電子証明書は商工会議所へ

 インターネットを利用する電子入札では、従来の紙による入札のデメリット(距離、時間、人手etc)から開放されます。重要な点はこれまでと違って飛躍的に入札チャンスが増加するとともに、競争も激化することです。

 日本商工会議所(日商)では、国土交通省をはじめとする国の機関や47都道府県及び各市町村での導入が予定されている「電子入札コアシステム」に対応した電子証明書(ICカード)の発行サービスを開始いたしました。当所では日商と皆様との取次ぎ業務をいたします。

問 合 せ  十和田商工会議所 TEL0176−24−1111

詳しくは  日本商工会議所(ビジネス認証サービス)

      ホームページ http: //ca.jcci.or.jp 

ビジネス認証

サービスタイプ1料金表

種   類                     単 価

電子証明書・ICカ−ド

(有効期限1年30日)               15,000円

電子証明書・ICカ−ド

(有効期限2年30日)               28,000円

ICカードリーダライタ認証セットCD‐ROM   12,000円


 飲食業等の生活衛生業地区相談室のご案内

売上の伸び悩み、資金繰り、建替えや改装・増設、新規開業、税務等々に指導員・専門家が対応。

十和田地区

開催日:15年7月28日・10月20日・12月8日、

時 間:午後1時〜3時

場 所:十和田富士屋ホテル

問合せ:(財)青森県生活衛生営業指導センター  電話 017(722)7002

 

wpe1.jpg (1467 バイト)